産み分けぜりの効果と口コミ!失敗・確率・購入など

ここでは今話題の産み分けゼリーの説明と効果や確率や購入などについて書いています。

 

ハローベイビー産み分けゼリーは使い方も簡単です!

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミハローベイビーは公式サイトで購入ができます

ハローベビーの公式サイトはこちら↓

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

 

ベイビーサポートも人気です!

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミベイビーサポートは公式ページが一番お得

ベイビーサポートの公式サイトはこちら↓

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

 

産み分けゼリーの購入は通販で

昔は産み分けするには産婦人科などに行ってゼリーを処方してもらう選択肢しかありませんでしたが、今では通販で買える時代となりました。

 

人それぞれ考え方も違いますし生命や夜の営みに関わる話ですから、あまり外で聞いたり話したりすることもないので情報収集がどうしてもしにくい分野になります。

 

皆さん口に出さないだけで産み分けを考えている方は多くいらっしゃいます。

 

ですから産み分けゼリーに興味を持つ方も年々増えています。

 

実際購入するとなった場合必ず公式のサイトから買いましょう。

 

オークションなどで余った産み分けゼリーを定価よりも安く売っていらっしゃる方がいたり、類似品や非正規品も流通してしまっているのが現状ですので
注意が必要です。

 

やはり体内に入れるものですし赤ちゃんのことを考えると、公式ホームページからの通販での購入が一番安心です。

 

杉山産婦人科のピンクゼリーとグリーンゼリーに関しては産婦人科でも出してもらえますが、そこに診察費用がかかってきますので、実際には2〜3万円かかります。

 

保険診療外なので高額に思えますが、産婦人科医が排卵日をチェックしてくれたりするというメリットがあるので産み分けの可能性を高くすることが出来ます。
そこまでお金をかけてまで産み分けをしたいわけじゃないけど、何もしないよりは試して見たいという方には各社の公式サイトから買うことをお勧めします。

 

診察がない分コストも断然安く済むので手軽に始めやすいメリットがあります。

 

ゼリーは通販で購入にして排卵日のチェックなどは産婦人科で行ったり、基礎体温をつけたり排卵検査薬を使って併用してみるとコストを抑えつつ産み分けの可能性を高めることが出来るので、自分にあった方法で産み分けにチャレンジしてみるのも一つの手段かもしれませんね。

 

産み分けゼリーでおすすめは、使い方も簡単で価格的にもおすすめなベイビーサポートとハローベビーです。

 

もちろん公式ページの購入が安心です!

 

ハローベイビー産み分けゼリーは使い方も簡単です!

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミハローベイビーは公式サイトで購入ができます

ハローベビーの公式サイトはこちら↓

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

 

ベイビーサポートも人気です!

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミベイビーサポートは公式ページが一番お得

ベイビーサポートの公式サイトはこちら↓

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

 

産み分けゼリーとはどんなもの?

妊活という言葉も当たり前のように使われる昨今、男女の産み分けにも関心が高いご夫婦が増えています。

 

そんな産み分け産み分けをサポートする効果があるという「産み分けゼリー」というものが人気になっているのですがご存知でしょうか?
どのようなものなのかをまとめました。

 

赤ちゃんの性別がどのように決まるかは解明されているのでまずそちらについて説明していきます。

 

男性の精子の染色体はX染色体精子とY染色体精子の2種類があり、、X染色体精子は女の子でY染色体精子は男の子になります。
つまりどちらの染色体の精子と受精するかによって性別は決まってきます。

 

これらの染色体にはそれぞれ特徴があり、Y染色体精子はアルカリ性に強く、酸に弱くて数が少なく寿命が2〜3日と長い特徴があります。
X染色体精子は酸性に強く、アルカリ性に弱くて数が多く寿命が1日と短くなっています。

 

ですから産み分けゼリーを性行為時に利用して、男の子が欲しければ膣内をアルカリ性に、女の子が欲しければ膣内を酸性に保つことで
男の子と女の子を産み分けをサポートしてくれるのです。

 

ですので産み分けゼリーは男の子用と女の子用の2種類があります。

 

成功例は数多くありますが決して100%産み分けが出来るという保証はなく、あくまでもサポート程度なので
そこはしっかりと頭の中に入れておきましょう。

産み分けゼリーの確率

自然に妊娠して、男の子か女の子を授かる確率が50%と言われていますが産み分けゼリーを使って産み分けが出来る確率はどれくらいなのでしょうか?

 

産み分けはデリケートな話なのであまり世間一般で公表されるような話ではないですし、周りには言わずに行っている方がほとんどですので、正確な確率というのは統計としてとられていないのが現実です。

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

一説によると産み分けゼリーを使うことによって、希望する性別の子供が生まれる確率が70〜80%とも言われていますが、
第三者機関が調べているわけでもないですし、男の子を希望するか、女の子を希望するかによっても確率は変わってきます。

 

平均して60%位と思っていた方がいいかもしれません。

 

ですがこの数値はあくまでもゼリーのみの使用で、他にも色々と併用して産み分けを実践すると確率は上がってきます。
とある産婦人科医のデータによると、併用して産み分けを行った場合は男の子を希望した人で約80〜90%、女の子を希望した人で約70〜80%だそうです。
さらに専門家のサポートを受けることによって少し確率は上がるようです。

 

ただこちらも産婦人科医が独自に出しているデータなのでどこまで信ぴょう性があるかは不透明ですが、ゼリーだけでは50%の確率が60%位になると思っていた方がいいでしょう。

 

本当に産み分けを望んでいるのであれば普段から基礎体温をつけたり、規則正しい生活をして排卵日がわかるようにするところから始めるのがポイントです。

 

ただ希望している性別の子ではなかった…と落胆してしまうとせっかく授かった命に対しても失礼なので、過度な期待はしないほうが良いでしょう。

産み分けゼリーを実際に使った人の口コミ

子どもがほしいと考えている人で産み分けゼリーを使う方が近年増えています。

 

国内で購入可能な産み分けゼリーは3社から販売されており、一つは杉山産婦人科が販売しているもの、もうひとつがベイビーサポート、そしてハローベビーというものです。

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

杉山産婦人科が販売しているものは購入するのに入会金を払わなければいけなかったり、成分表示がされていない点やシリンジが使いまわしなので衛生面が不安、また湯煎をしてからゼリー状のものをシリンジ注入するので、行為の前に温めなければいけないことで気持ちが盛り下がってしまうという点がデメリットがあります。
ピンクゼリーは口コミでもあまりよく評価されていません。

 

  • ベイビーサポートは一回の内容量が多い点や使い切りタイプで衛生的、容器もゼリーも全て国産という点が高評価でした。
  • ハローベビーは、ゼリーは国産ですが容器は不明で一回分の内容量が少ないのがネックという口コミが多く見受けられます。

 

しかしこちらの商品はプレミアム版があり、値段は上がってしまいますが精子の活動をサポートする成分が入っているものもあります。

 

実際に産み分けゼリーを使って成功した人もいれば、希望の性別の子供を授かることが出来なかった方もいます。
成功した方の中には産み分けゼリー意外にも併用して試しているものがあったりと、ゼリーだけが効果があったかどうかわからないというものが多いのが現状です。

 

また男の子を希望するか女の子を希望するかでも、確率が変わってくるようです。

 

旦那さんには内緒で産み分けゼリーを使って希望の性別の子を授かったという口コミもありましたが、事前にご夫婦で話しておいたほうが良いでしょう。中にはそういったものに頼らずに自然に授かりたいと考える人も少なくはないからです。

 

産み分けゼリーは100%の確率で産み分けできるものではないので、希望の性別の子が授からなかったとしても残念がらずに新しい命を大切に守っていってあげてください。

 

ハローベイビー産み分けゼリーは使い方も簡単です!

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミハローベイビーは公式サイトで購入ができます

ハローベビーの公式サイトはこちら↓

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

 

ベイビーサポートも人気です!

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミベイビーサポートは公式ページが一番お得

ベイビーサポートの公式サイトはこちら↓

産み分けゼリー,妊娠,確率,可能性,購入,口コミ

産み分けゼリーの失敗とはどんなこと

男の子と女の子が生まれる確率は男女ともに50%ですが産み分けを行うことで欲しい性別の確率が上がります。

 

もちろん100%の保証はないので希望通りにいかないこともあります。

 

実際に産み分けの確率を上げるためにゼリーを使ったけれど希望する性別にはならなかった体験談をまとめました。

 

一番多く見受けられるのが排卵日をきちんと把握できてなかったからという意見です。

 

「もともと生理不順で市販の排卵日チェック薬を使っていたが、大体の目安でしかないのできちんと調べるなら産婦人科に行ってみてもらうのがベストだと思った」という意見や「基礎体温などを日頃からしっかりと付けて周期が安定してからにすればよかった」

 

「ネットで調べた自己流の排卵日の目安を見分ける方法を行ったけどそれではだめでした。」

 

と使うタイミングをしっかりと把握できないと産み分けゼリーの効果はなくなってしまうようです。

 

産み分けにうまくいったという方の話を聞いてみると、産み分けゼリー以外にもしっかりと他の情報も頭に入れて行っている方が多いです。

 

女の子が生まれるために必要なX精子はそもそもY精子より数が少ないので当日までに古い精子を少なくしておく必要があるので5〜6日の間に2回射精しておくと良いといわれています。

 

男の子が欲しい場合は男性には3〜5日禁欲生活を行ってもらい、排卵日直前か当日に性行為をすると確率が上がるというデータがあります。

 

産み分けゼリーを使って産み分けが出来なかった体験談をまとめましたが、希望する性別ではなかったとしても子供に対する愛情は全く変わらず、
むしろ「産み分けしなくてもよかったかも!」という方がほとんどです。

 

どうしても産み分けをしたのであればこれらのことを意識して産み分けゼリーを使用すると、何もしないときよりも確率は上がりますので
取り入れてみましょう。